紅椿が好き

司法試験舐めてた私が、司法試験3回目でようやっと合格しました

キューティブロンドとルッキズム

有名な映画ですね。今更観ました。

1作目と2作目を一気に観ました。

結論からいうと、1作目には心を動かされました。2作目にはそれほど心動かされませんでしたが。

 

1作目は、ソクラテスメソッドやロースクール生に対するアメリカでのイメージなど、ロースクールに通った人ならクスリとくるところもあったので、あまり考えずに観る映画としても良いと思いました。

そして以下は、他人どうこうということを抜いた、私の経験と絡んだ感想です。

 

1作目のあらすじは、このツイートをご覧下さいませ

 

なぜ、心を動かされたかというと、主人公エルに共感したからです。

主人公は、今で言うパリピで、スクールカーストのてっぺんにいるような女性です。

ハーバードのローに行く、と親に言ったときも、親に反対されます。

彼女がそれまでいた世界では、彼女は、美しく、ブロンドで、スタイルも良くチャーミング。

それが通用しない世界に身を投じ、周りから嫌がらせをされたりもします。

 

マリリンモンローも、世間から見た彼女のイメージにはだいぶ苦しんだとされていますが、金髪・巨乳はセックスシンボルとされていますね。

主人公エルも「どうせハーバードには入れない」「優秀にはなれない」「弁護士にはなれない」というレッテルを貼られます。

 

 

私は、高校生のとき、話したこともない教師に嫌なことをされた記憶があります。

 

友人と話しているのを見た教師は、後で、その友人に「友達は選べ」と言ったそうです。

その友人は東大に進学するくらい勉強熱心で、当時私は、染髪していた(かもしれない、覚えてない)し、スカートは短く、授業もよく保健室で休んでいました(鬱で眠れないので、授業中に保健室の天井を眺めていただけですが…)。

 

確かに私は、好ましい生徒ではなかったのかもしれません。

けれど、自分がしたくてしているはずのことに、他人を巻き込まなきゃ自信を持てないなんてダサい、という哲学は持っていました。

なので、深夜徘徊や授業を休むこと、服装にも、友人を誘うどころか、わざわざそのようなことをしてるということを話すことすら決してなかったし、自分自身も犯罪はしていなかったので、表面的なことすら知らないかもしれない他人に、そんなことを言われるのは不快でした。

 

でも、世の中そういうものだとは知っていました。

世の中のおっさんには、遅い時間に外にいる女子高生にはいくらで触らせてくれるか聞いていいと思っている人がいるということや、オシャレに熱心だと生理も来ていない中学1年生でも「遊んでいる」というレッテルを貼られるということを身を以て知っていました

まあ、でも教育者に言われたのはそれなりにショックでした。

幸いなことは、その友人が、教師に対して「ゆーかはいい子だ、私の友達は私が選ぶ」と反発してくれたことです。

 

大学生になってから、後輩に「僕、ゆーかさんと知り合うまで、巨乳はアホだと思っていました」と言われたことがあります。

褒めてくれているつもりかもしれないけど、超失礼。笑

かなり心がざわつきました。

そういう偏見が実際にあるんだ、と改めて実感したのです。

 

何で巨乳がアホになるんですかね????

脂肪分が脳の栄養になると思っているんでしょうか???

誰かが「巨乳は頭悪い」なんて言ったら、「そうなんですよ、でも男性も巨乳を見ると、頭の働きが悪くなるらしいので、イーブンです」と返しつつ、脳内の「いつか絶対ほえづらかかしたるからなリスト」にその人の名前をのせます。

頭が悪いのはどっちだよ、とはわざわざ言いませんが、言いたい気持ちはぐっと堪えています。

 

大学も卒業して、中高の同級生何人かと集まっていたとき、同級生の一人(一緒に中学の生徒会議長をしたはずの男性です…)に「(中高生のときの私)○○さんはアホだったでしょう?」ということを言われたことがあります

「いやいや、非行少女であったかもしれないけれど、考えることが好きなのも本が好きなのも昔から変わってないよ…というか、そんなホイホイ頭の良し悪しって変わるもんか?」とさすがに驚きつつ、ひきつり笑いをしていたら、その場にいた友人二人(いずれも女性)が「ゆーかは昔から賢いよ!!失礼!!」と真剣に怒ってくれたので、その二人の愛を痛感しましたが…

 

去年知り合った司法試験受験生の女性にも「なんでアンジェリカ系の、ゆーかが法曹目指そうと思ったのか知りたい」と言われて、疑問符が2、3浮かび上がったりしました。

アンジェリカ系って何よってことは置いておいても、なぜアンジェリカ系だと法曹目指す理由がないのか、違ってくるのか?

こちとらユニクロ大好きマンやぞ?

 

 

ファッションは、考え方や、所属するコミュニティを知る手がかりになるとは思いますが、それ以上に、その相手の知性を図ることになるでしょうか。

もちろん、結婚式なのに髭を剃らないだとか、結婚式に網タイツを履いてくるだとか、極端にTPOに反した服装をする人には、TPOを考えることもできないのか、と知性が低いことの推定がされて当然だとは思います。

しかし、TPOに反するわけでもないのに、単に派手だから知性がないなんて確信を持つ人には、果たして知性があるのでしょうか。

 

 

常日頃そんな風に思っている上に私は性格も良くないので、外見で判断する人は最大限利用することにしています。

 

キューティブロンドでは、主人公エルは、ただのパーティを「仮装パーティ」だとライバルに騙されて、バニーの格好をして行きます。

私だったら、騙されたと気づいた時点で「パーティに誘ってくれたの嬉しかったのに、嘘だったのね…」と泣くのを我慢しようとしているが泣いてしまう、という振りをして、周りを味方につけようとしちゃいます。

腹黒です。

内心で「策士策に溺れる、やな、ひゃっひゃっひゃ!!!!」と勝利を確信します。

 

 

でも彼女は、ライバルを潰す策略を巡らすなどは一切せずに、正攻法で勝ち抜きます。

「着たいから着てきちゃった」と笑って言い、バニーの姿のまま、見返すため勉強用のパソコンを買いにいくのです。

凄い。絶対無理。根明ってこういうやつ。

 

何度もエルは嫌がらせをされます。

見た目でからかわれたりもします。

彼女も、そのホームの社交クラブだったらそんなことはされないのに、嫌がらせにもめげず、やりとげます。

 

感心しました。

私が嫌がらせやからかいにめげないのは、その相手に「自分の方が格下だった」と思わせるためです。臥薪嘗胆です。泥臭いです。

しかしエルはそうではありません。

私には真似できませんが、そういう風になれたら素敵だなと思わされる、パワフルな女性の映画でした。

 

エルとの対比で自分の暗さを痛感するとともに、

過去の苦い思い出や、否定的な意見を声に出して否定してくれた友人の温かさ、自分がなぜファッションを、私を見る人の目線に合わせて選ぶようになったのかを考えさせられました。

 

経験談を書いたせいで、言いたいことが散らかってしまった上に、書いてるうちにすっきりしてしまいました。

後で、気が向いたらまとめ直します。

短答の通知

短答の通知は6月中旬発送なのですね。

どうりで届かないわけです。

 

発表まで、法律の勉強をできる気もしないのですが、逆に憲法など理解自体不十分な科目の基本書を読み込むことも必要かもしれないと思います。

 

英語、簿記、改正民法など今勉強しておいた方が良いであろうというものも多いのですが、反面、建築、宗教学、英語以外の語学など、趣味の勉強も今がチャンスかなあと思います。

 

とりあえず10日程度の海外旅行に行けたのは良かったです。

 

今年落ちていたらワーホリ行きたいです。

現実逃避半分本気半分ですが

「この手応えで落ちて、来年受かる自信がしない」ということ

やりたいことも他に特にないことから、全く違う環境に身を置いてみたいという気がします。

まあ私ももうすぐ28歳なのですが…

 

アルバイトを見つけて、9月以降に備えたいと思います。

 

それまでこのブログは、なんやかんや法律含む勉強のこと、旅行のこと、将来のこと、読書や映画のことなんかを書き連ねていくと思います。

短答結果発表

昨日でしたね。

今日当たり京都にも通知が到着することかと思うのですが、私は現在東京に遊びに来ているので、まだ確認できておりません。

妹に、見かけたら開封して画像を送ってくれ、とは言っているのですが…

 

ドキドキします。

 

去年一昨年は、足切りが114点やったのですが、今年は108点ということでした。

http://www.moj.go.jp/content/001225941.pdf

まだ通知を確認していないので、自己採点のみですが、去年は149点だったのに、今年は135点と15点近く下がってしまいました。

平均点が下がるのは相対的に嬉しいですね…

再現答案

なんとまだやっております。

心折れています。

まだ商法です。

 

再現答案の報酬を手に入れることは果たしてできるのでしょうか…

うっかり八兵衛

ご報告と改めてのお礼をし忘れていて、今日お世話になった方にやっとご連絡しました…

旅行行ってる間すればよかった…

旅ブログよりも先に…

浮かれていました。

 

そう、浮かれついでに、ローマでiPhoneすられてきました。

カード止まったかもしれなくて、焦って宿に戻ろうとしているとき

慌ててバスに乗り込んだとき、目を離した一瞬でやられました

そして、すられたと気づかずもたもた探しているうちに、次の停留所で人は降りていたのです…

 

ローマの警官(盗難届作ってくれた人、めっちゃ拳ダコあった)からは

「スリにとっては、開いてる鞄は、彼らのビッグポケットだ、気をつけなさい」と言われてしまいました。

 

うんうん、わかるわかる、、私もね、、、あんなに疲れて、焦っていなければ…

 

とはいえ、諸事情により、比較的軽い気持ちで過ごしております。

ローマも大好きです。

できたらワーホリとかで1年くらい行きたいくらい…

 

再現答案の作成が終わったら、また旅ブログも更新しようと思います。

 

そんなわけで今携帯のない生活をしております。

SNSなど連絡についてはパソコンあるから良いのですが、地図と時計がないのが困りますね…

あと漫画を読むこと、音楽を聞くこともiPhoneでまかなっていたので、不便です…

 

iPhoneにずっとイヤホン繋いで、鞄にひっかけておけば良かったなあと反省です。

そしたら、すりにくいもんね。

 

それでも一人旅楽しかったです。

またしたいし、ローマにも行きたいです。

次はもう少し英語とイタリア語を勉強して…

旅行記④ 5/26 ハイデルベルク→ミュンヘン

7時前に目が覚めました。

「私ってば、やるやん〜〜ふふふん」なんて思っているうちに8時になりました。

 

友人の結婚式は、8:45、城の中庭集合。

 

荷造りしてないし、私って相当なあんぽんたんなのでは???と思いつつ慌てて準備して、8:25にはホステルをでました。

荷物は預かってもらうことにしました。

 

そして、ケーブルカー…

 

ケーブルカー…

 

駅が開いてない…

 

 

 

9時から動くらしく、足で登るっきゃないやつでした

f:id:yuhka624:20170529233704j:image

 

しかも、Googleさん曰く、16分かかるらしい…

 

大体Googleさんの教えより5分はかかるじゃないですか

遅刻じゃないですか

 

それは困る…

 

 

わざわざドイツまで来て、遅刻なんて…!!!

ということで、急いで登りました。

 

ここでも息切れ。

 

のぼってる最中の風景が、あさみ(結婚した友人です)と行ったグラナダアルハンブラ宮殿に似ていて、目頭が熱くなりました。

f:id:yuhka624:20170529234244j:image

これがハイデルベルク

 

アルハンブラ宮殿の画像はうまいこと貼れなかったので、貼れたらまた貼ります

 

 

私はあさみと一緒に旅行行ってなかったら、一人でドイツ行こうなんて思えなかっただろうし、

こんなにあさみのことを好きでなかったら一人でドイツ行こうとは思ってなかったと思います

 

この旅で意外と自分だってできるんやんとか、ひとり旅たのしいやんとか、新たなことを知りました。

彼女を好きで良かった、と思いつつも

 

 

でも、彼女と一緒の方が旅が楽しいのよね〜〜

と思って登りました

 

 

思ったよりは早く着いて、彼女にそのことを伝えたら、ちょっと泣いてしまったw

 

本当に好きな人に好きだと伝えるときはようわからん涙が出ます。

あれ、ほんまになんなんや。

 

とても綺麗でした。

f:id:yuhka624:20170529234926j:image

 

教会に移動して、式です。

神父さんがドイツ語で喋ったことを、通訳の人が訳していました。

神父さん1時間くらい喋ってはりました…日本のチャペルでの式なんて、、と思うレベルで熱く語ってはりました。

 

f:id:yuhka624:20170529235451j:image

 

きっと、神父さんはドイツの人には身近で、ずっとお世話になってる恩師みたいな感じなんやろなと思う、優しい語りかけでした。

 

旦那さんと、旦那さんのご両親はドイツ語がわかるようで、頷いてはりました。

全然わからん。

 

 そして、外に出て写真撮影です。

f:id:yuhka624:20170529235537j:image

 

綺麗です。

 

このカップルの素敵なところは、旦那さんの、あさみのことを悪いやつだと思いつつも、大好き!というのが伝わってくるところです

 

欠点ごと愛する…

 

欠点ごと…

 

これが私にはよくわかりません

私にはあまりに難しい

 

でもいつか、仮定も条件もなしに、全て受け入れることを誓いたいです…

 

 

あさみのお母さんが泣いてて、もらい泣きしました

お母さんもそんなこと知ってたんだなあ、などと思いつつ…

 

f:id:yuhka624:20170530000458j:image

ほんまにグラナダに似てる…

 

旦那さんのご家族も、凄く明るくて素敵なご家族でした。

 

一旦解散して、私含める3人の友人は、後で新郎新婦とランチとなりました

 

そんなわけで、友人2人と初対面ながらもご一緒させて頂いて、一緒にワイン飲んだり、チョコ買いに行ったりしました

f:id:yuhka624:20170530000836j:image

めっちゃ大きいワイン樽

 

 f:id:yuhka624:20170530000917j:image

ワインカウンター

 

彼女たちは、アイスワインを、私は赤のドライなんお願いしました

めっちゃ美味しかったです…

ボトル買いたかったけど、まだ荷物増やすには早かったので、やめときました。

 

f:id:yuhka624:20170530001137j:image

 

この2人もまた明るくて凄く良い人達でした

許可を得てないので、シルエットだけ。

 

f:id:yuhka624:20170530001217j:image

有名なチョコ屋さん。

 

彼女たちは、今朝着いたところだったので、今日は私が案内…!

f:id:yuhka624:20170530001320j:image

 

先日のワンショットより、こなれてますね。

きめてます。

 f:id:yuhka624:20170530001947j:image

 

そして皆でお昼ご飯!

めっちゃ美味しかったです…

ホワイトアスパラガスも、白ソーセージも♡

 

 皆で食べると色々シェアできて良いですよね…

ほんまに…

 

そして、私はハイデルベルクを離れてミュンヘンに。

3時間かかるということなので、5時ごろには出ようと思ってました。

 

出ました。

 

ミュンヘンHBFに着きました。

 

地下鉄みたいなんに乗ります

 

間違えました

 

私「まあええわ、また乗り換えればいけるやろ」

 

スーパーハードモードでした

 

 

そんなこんなで20分で着くところを1時間かけて行きました

でも日が落ちるギリギリのところで、ホテルにたどり着きました

良かった良かったーーーー!!

 

 

 

f:id:yuhka624:20170530002646j:image

 

私ひとりなんですけどーーー

ベッド4つありますけどーーー

 

この机めっちゃ不便ーーー

 

どないしろとーーー

 

 

(あとでこのベッドはパンツを干すのに使いました

 

旅行記③ 5/25 ケルン→ハイデルベルク

3時半くらいの電車を予約していたので、泣く泣くハイデルベルクへ移動です。

 

以前スペインにこの時期行ったときも、日暮れが9時くらいだったので、まあ多分8時半にはホテルに着くようにしたほうが良かろうということで予定を組んでいます。

 

ドイツの列車は長くて、撮りオタの娘としては「これは撮りオタはどうやって収めるんだろう?」と思うくらいです。

f:id:yuhka624:20170529143334j:image

こんなこと言ったら嬉々として40分は語り出すのが見えているので、聞きませんが…

 

ケルンからハイデルベルクまでは、3時間くらいかかるかと思ったのですが、接続の良い電車があったので、2時間強でいけました。

 

ハイデルベルク中央駅(Heidelbelg.HBF、つづり適当、後で確認する)には、rossmanというドイツのドラッグストアがあったので、そこに寄ることに…

 

というのも、フランクフルトのホテルでは、シャンプーとか一切なくて「ハンドソープ」が備えられているだけだったのですね〜〜〜

 

それで全身洗ってみて、首だけ超敏感肌な私は初日首の皮膚ぼろぼろになりました…

つけてなかった顎らへんも…

 

多分、シャンプー代わりに使ったからかな…

ということで、シャンプーとか!必要なものを買ったり、ドイツ土産にしたい基礎化粧品をまず試そうということでrossmanへ行きました。

 

ただでさえドラッグストア大好きなのに、読めないドイツ語で、色々なブランドの色々なものが置いてあってテンション爆上がりでした。

 

・気になっていたニベアのアイクリーム

・ココナッツ系っぽいシャンプーコンディショナー

・めっちゃちっちゃいタンポン

ラベダか何かのシャワージェル(セルライトマッサージ用のオイルで有名なところです…これも名前忘れた)

を購入しました。

 

基本あっちはエコバッグシステムなのかスーパーやドラッグストアではまず袋くれません。

なので、鞄にがさがさ詰め込んで、ホステルに向かいました。

人生初ドミトリー!

レッツゴー!

 

と意気揚々だったのですが、ハイデルベルクの街、ガタガタの石畳です。

スーツケース引くの超大変です。

私、安物のサンダル履いてる。

中央駅から最寄り駅までは2駅とかで、最寄り駅からは10分〜15分くらいだったのですが「足の裏痛い〜〜」と思いながら歩いてました。

 

でも、旅だと、見知らぬ風景が痛みを和らげてくれるので、なんやかんや歩けますね…!

 

f:id:yuhka624:20170529143422j:image

 これがハイデルベルク城!

 

夕方6時くらいで日差しもカンカンです。

お肌痛かったです。

 

私の予約したホステルは、ハイデルベルク城に行くケーブルカーの駅のすぐ横だったのでわかりやすかったです。

ロッテ ザ バックパッカーズ (ドイツ ハイデルベルク) - Booking.com

ホステルに泊まったことなかったのですが、booking.comで見たら評価がめちゃくちゃ良かったので、初ホステル挑戦でした。

女性客が多いみたいなので、初挑戦にはちょうどいいかな、というのもありました。

安いし。

次の日は、朝9時から結婚式だったので、お城に近そうなのも良かったです。

https://www.booking.com/s/yuhka011

選んだ理由はそんなところで、泊まって良かったと思う反面、ドミトリーはもういいかな、とも思います。

 f:id:yuhka624:20170529143552j:image

 

良かった点

・同室だったオランダで土木工学のエンジニアしてるイラン人のお姉さんと仲良くなれた

・何事も経験だと思うので、経験できた

・人が好きなので、挨拶できる距離感に人がいるのは嬉しい

・スタッフめっちゃ親切だった。英語早いけど。

・安い。これは本当に大事…

 

もう良いかな、と思った点(マイルド表現)

・それぞれ寝る時間が違うから、気を使う

・男性も同じ部屋だったから下着干せない…

 

特に、前者が、睡眠問題大きいです。

飲んで、10時くらいにホテルに戻って朝7時に起きたのですが、旅でへとへとな私よりも同室の4人は早く寝て、遅く起きてました。

そして二段ベッドの上で寝ていたので、下手にもぞもぞできないし、荷物取り出すにもごそごそ言うし、結構気を使いました。

 

貴重品管理はどうなるんだろう?と思ったら、ひとり一つずつ、鍵付きのロッカーを貸し与えられました。

そこは問題なし。

 

そんなこんなでホテルの話はいったん置いて。

 

ホステルに着いて、とりあえず部屋で充電していると、イラン人のお姉さんがやってきて「この後私のみに行こうと思うんだけど、一緒に行く?」と聞かれたので、ろくに英語も喋れないくせに「行きたい!」と即答しました。

 

充電しているうちに「私英語喋れないじゃん〜〜〜無理では〜〜超気を使わせるのでは〜〜〜あああああん」と動揺し始めましたが「やっぱやめとくわ!」も英語で言えないので、テンションを上げていくことにしました。

 

お姉さんは25歳、イラン人で、オランダで働いているとのこと。

昨日、16時半で仕事が終わって、急に思い立って、21時のバスに乗って、今朝ハイデルベルクに着いたとか。

 

行動力はんぱねー…

 

お姉さん(以下ファジー)は、今日会った人にオススメされたバーがあるんやーって言ってくれるので、着いていきました

行った先は、確かに楽しげなバー。

ハイデルベルクには大学があって、医学部はドイツでもトップレベルらしいのですが(超伝聞)、ハイデルベルクの川を挟んで城側は学生街。

めっちゃ賑やかで、流行ってるバーでした。

でも若干賑やかすぎて、英語不自由な私と英語ペラペラとはいえ不幸にも相手が私なファジーとの会話をするには少し不便だったので、外に出ることにしました。

 

ファジーは、既に一通り歩き回っていたので、私に色々教えてくれました。

 

f:id:yuhka624:20170529143626j:image

 

フ「heleculeの教会やねんで、これ。helecule知ってる?」(絶対関西弁じゃないけど、ファジーの言葉も関西弁でお送りします)

私「ヘレキューレ???知らん…スペル教えて…もしかしてヘラクレス?!」

フ「そう、それ〜!」

 

さすが古い街(っぽい。)

ギリシャ神話の神への信仰が残っているのか…

結構ヨーロッパって、キリスト教ばっかりでなかなかそれ以前の信仰に出会えないので新鮮だな〜なんて思いながらファジーと歩き回ります。

 

f:id:yuhka624:20170529143655j:image

猿の像。

ファジーが「これ猿の像やでー」教えてくれて

「ほんまに?猫ちゃうのん?」とか言いながら後ろに回ってみると、確かに猿のお尻でした。猫ではない。

写真は撮りそびれたので、気になる方はハイデルベルクへどうぞ。

 

橋を渡って、川岸を散歩。

 f:id:yuhka624:20170529143730j:image

ほんまは、哲学者の道(京都にもあるよねーそういうの)に行きたかったのですが、なぜか道が閉鎖されていました…朝は通れたらしいのですが。

ゲーテとかそういう人が物思いにふけった道らしいです(雑

 

川岸では、ビール瓶もって飲んでる青年達がいたりして、鴨川とか大和川とか思い出しました。

楽しそう。

川・大学生・お酒。

 

 f:id:yuhka624:20170529143835j:image

 

そういえば、私はノースリーブで活動していたのですがさすがに寒くてファジーが上着貸してくれました…

ファジー…なんて良い子…

高校・大学がマレーシアだったらしく、マレーシアのユニクロで買ったらしいです。

 

「マレーシアにはユニクロあるんやね」

「せやねんオランダにはないけど」

「私マレーシア行ったで。2012年に。」

「そうなん。マレーシア蒸し暑いけど、ドイツはクールでええ感じやね〜」

「ええ感じやね〜まあ私にはちょっとクールすぎるけどw」

 

うろうろしてたら良い時間になったので、もうちょっとだけ飲んで帰ろうかという話になりました

めっちゃ大きいビール樽のあるお店に入って、ビールとソーセージを頼みました。

f:id:yuhka624:20170529143856j:image

ビールは4種類飲めるセットがあったのでそれにしました。

ソーセージは二人でシェア。

 f:id:yuhka624:20170529143923j:image

ビールは、最初は「3番目に味の濃いビールが美味しいね」と言っていたのですが、飲み進めるうちに「2つ目が一番美味しい」という結論になりました。

3番目のは、ご飯と食べるには少し濃すぎた。

 

二人とも晩ご飯は食べてなかったのですが、ビールいっぱい飲んでるしでシェアしても多いくらいでした。一緒できて良かったです。

 

そんなこんなで、帰り道。

空を見てファジーが「あれはジュピター(木星)やで」と教えてくれました

何でわかるの?!かっこいい!と私が小学生並みの感動をしていたら、星座観測用のアプリがあるとのこと。

教えてもらったけど、忘れたな…

「見えないけど、あそこに火星が…」とかやるのかっこいいやん…私もしたい

 

ホステルに着いたらファジーは即寝。

私はもぞもぞして、5人部屋って面倒やなと思いながら寝ました。

 

やっと2日目終了?笑