読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芋焼酎は紅椿が好き

司法試験舐めてた私だからこそ、さくっと受かった人との違いを意識しながら、司法試験受験3回目の合格を目指す

「ちゃんと読んでる?」

百選、条文・・・

「ちゃんと読んでる?」って言われるたび

 

「ちゃんとって何ですか」って言っています笑

煽りでなく、わからないからです。

 

言われたことをまとめると「条文をちゃんと読む」とは

・要件と効果を意識している

・主語を意識している

・条文の位置がどの辺にあるか、前後の条文との関係を認識している

まで含まれるのです。

 

4月まで全然意識してなかったんですよね~ははは・・・

 

そして「百選をちゃんと読む」とは

・事案の中で、そもそも訴訟物が何か認識している

・訴訟物と論点の関連性を認識・把握しているか

・論点に対する理解

みたいなんですね~

不合格者相談会で、民法の教員が、論点がなぜ出たかというのを理解するためには、スタートの訴訟物が何かを把握しておく必要があると言っていたり

3回目で上位合格したという方が、百選や基本書の目次のところに、関係条文全て書いていたって言っておられました

 

そんなこんなで、その辺を意識しながら百選読んでたら、

「へー」くらいにしか思っていなかった判例も、めっちゃ攻防があってのその論点だったりして、それを全然理解していなかった私を叱りたいくらいです。。

 

そんなことを、株式会社の代表者の占有が、代理占有か、機関としての占有にすぎないのか、という判例を見ながら思い出しました。