紅椿が好き

司法試験舐めてた私だからこそ、さくっと受かった人との違いを意識しながら、司法試験受験3回目の合格を目指す

時間が足りなくなる原因

時間が足りなくなる原因っていくつかあって、私の問題でいうと

1 論点がわからないから、ぐるぐるしてる

2 論点はわかったが、条文が見つからない(会社、倒産でありがち

3 論証を覚えてないし、趣旨もあやふや

4 趣旨は覚えているが、論証としてインプットされてない(から構成段階で全部書きたくなる、無駄な構成しがち①

5 論証覚えているが、書き忘れが不安で事実もいちいち書きたくなる(無駄な構成しがち②、行政法、刑訴、憲法でしがち、だった

6 普段から三段論法してないから、構成の段階で戸惑う(伝聞とか。

 

私の問題紐解いていくと、大体これらのどれかに行き着くなあと思いました

 

上3つは、論外ではあるんだけど、

私司法試験舐めてたから(1年ちょっと前まで)

「これだけ読めばいけるやろ」って無意識に甘えてました

勉強の総量不足です

 

4は、要件と効果を意識してなかったから(これは1年も前ではない、某I先生に答案見てもらって、去年の4月に目から鱗やった笑)法学の勉強方法がわかってなかったんやなーと痛感した

 

5は工夫でなんとかなるなあって感じ

 

6は、最近、演習書解きながら意識してるんだけど、

普段から三段論法意識してると、過去問でもさくっと構成できるなーと思いました

 

また、こういう問題があったなーと気づくこともあるとは思うのですが、とりあえず忘れないうちに。

 

私は構成が遅いっていうのがあって、書く速度はまあ早いと思うのですが

書く物理的速度が遅い人の解決法で効果があると聞くのは

①ひたすら写経

②筋トレで前腕鍛える

③筆記具を変える

なんかでしょうか。

 

こないだ模試で会った後輩が「筋トレしてたら、初めて7枚目いきました!」言ってました。筋肉すごい。