紅椿が好き

司法試験舐めてた私だからこそ、さくっと受かった人との違いを意識しながら、司法試験受験3回目の合格を目指す

憲法ガール

会社法、刑法、行政が後は論パ回すだけ

倒産法、刑訴、民法、民訴がもう少し確認したいことがある感じです。

 

憲法ェ…

 

時々パニクるんですけど、過去二回の本試験も見事にそうなんですけど、模試や答練では「これ書いてね!」っていうのが透け透けやからまだマシなのですが、過去問ではなります、パニック。

 

・どの権利について書けば良いのか(28年、26年、23年など

・どの訴訟について書けば良いのか(22年

わからなくなって、そこで詰まると、その後書けないですよね。

 

憲法ガール読んで「うんうんなるほど」と唸りまくっているのですが

改めてめっちゃわかりやすいですね。

初めて読んだとき(ローはいってすぐの頃)には全然わからずだったので、投げてたのですが、、答案の組み立て方、思考の過程が書いてあるので、わかりやすいです。

 

憲法の地図を推してる受験生もTL上で見受けられますし、たける先生や大島先生は、司法試験受験界で、触らない受験生はいないのではないか…とさえ思います。

 

そして、たける先生が憲法ガールのモデルというか、きっかけというのを思い出す度に「たける先生こんな感じだったの…やばい人じゃん」と思わずにはいられません

ラノベとして楽しんでから、伊藤たける先生を思い出して更に読むと、勉強抜きでも二度楽しめますね!

 

 

憲法で半泣きになってたところに、前向きな気持ちで取り組めてきたので、憲法ガールと大島先生とたける先生に感謝と尊敬を込めて…